ままちゃんち♪

おかしな3人家族の日常をままちゃんの視点から書いてみます

首都模試 3回目

早いものでもう9月

今年 夏が夏っぽくなかったから いささか不完全燃焼気味ではありますが

気が付くと もう秋

カレンダーを見ると今年も残り3か月

早いなぁ

 

9月の第一日曜日は がんこの3回目の首都模試でした。

旦那は呑気に 土曜日から泊まりで会社のゴルフ大会へ行っていたため

模試の送り迎えは私ひとり

ちょっと心細いけど 1回目、2回目と同じ会場を選んだので

少しこなれた感はあるから 大丈夫

 

がんこちゃんも 夏休みの間 先生と週4回お勉強したので

前回よりも少し落ち着いた感じで会場入り

そろそろ お勉強の(投資の)成果が数字で表されるころではと

淡い期待を

がんこも私も 心に抱きつつ

「頑張っておいで!」と がんこを見送った

さーてと、お迎えまでの間 4時間 

一人で時間潰すには長すぎる 

ここぞとばかりに ジムに行こうっと。

 

一汗流し、すっきりして お迎えに行くと

今までになく神妙な顔をした がんこの姿

あれ? どうした? 

おしゃべりのがんこの口が閉じたまま

重たい口をやっと開き 「全滅だぁ~、絶望だぁ」と吐息交じりに吐き捨ては

行く前と様子が違い過ぎるではないか

先生と夏休みいっぱい勉強したんじゃないの?

全滅って? 絶望ってどういうこと?

でも がんこは 模試についてそれ以上 話そうとしない

いつもなら 帰りの電車内で答え合わせをして 一喜一憂するのに

 

お疲れ様ランチに がんこの大好物の回転寿司を ぶら下げてみたけど

「疲れたから お弁当を買って家で食べたい」と 

がんこが 回転寿司に食いつかないなんて (>_<)

やばい マジなやつだ!

 

幸いにもその日は 先生が来てくれる日だったので

それまで 模試の話はしないで そーっと がんこの心が癒されるのを待つ

 

あとは 先生にお任せしよう!

先生を前に がんこは ぽつり ぽつり 話はじめた

授業後、先生から「どうやら今回はパニックだったようです。

教室に入ったらみんなが席についていて自分の席が見つけられなく

それでパニックになって それを引きずったまま試験が始まったようで・・・」

との説明

「パニックって? 前回2回と同じ会場だから いまさらパニックなんて・・」

どうにも私には腑に落ちない

でも先生は子供にはよくあることです。

自分も大学入試の時に想定外の試験内容を見た瞬間 パニック になり

1時間何もできないまま試験時間が終わった経験があると教えてくれました。

 

私にはそんな経験がない

だから がんこの パニックが 理解できない

理解はできないけど、それは克服しなければならないものだという事は理解できた

だから まだこの時期に そういう弱点が見つけられてよかった

一度経験すれば本番で「パニック」になった時に対応することができる

そしてこれから本番まで 克服すべく 取り組むことができる

そうだ 前向きに 前向きに考えよう

 

がんこの直感通り 試験の結果は 

最悪

低かった偏差値がさらに 底辺へと延びっていった

志望校への合格率軒並み30%以下 ひょぇぇぇ・・・・

それでも 上を見て 歩かなければならない

こんなことで こんなところで 諦めちゃいけない

まだ大丈夫

4回目の模試に向けて 大台突破を目指して

天才がんこちゃん

一緒に頑張ろう!

咲いたぁ~!! キセキ

こんちには。

少し前の話になりますが、

今年の6月末に がんこ がアサガオの種をまきました。

ベランダにあった(放置してあった)鉢植えに種を3つ植えたそうです。

がんこは 毎日 お水をあげ 話しかけて 

かいがいしくお世話をしていました

アサガオも がんこちゃんの愛に応えるように

芽が出て 葉が大きくなり ぐんぐんと成長しました

 

しかし、梅雨が終わっても 夏休みに入っても 

待てど暮らせど 花が咲かない

はなどころか つぼみがつかない

いったい どうしたんだろう・・・・

 

ん? そういえば うちにアサガオの種なんてあったっけ?

がんこちゃんに 「その種はどうしたの?」と聞いてみた

「1年生の時に学校でアサガオを育てたでしょ、その時に収穫したんだよ」

と、自慢げな笑顔

え~ (((ʘ ʘ;))) それって 5年も前じゃん!!

花が咲かないのは種が古かったのかも・・・

種を3つ植えたけど、芽が出たのは1つだけだったし。

なるほど・・・・妙に納得

 

花が咲かない日々が続くと がんこ の興味も薄れ ←わかりやす過ぎ

ほぼほぼ放置状態

それでも アサガオは枯れもせず でも、つぼみもつけず

葉っぱとツルだけが成長を続けていました。

2学期が始まり

家族全員が とっくに 諦めていた 

というか アサガオを育てていたという事すら 忘れていました(汗

なのに、突然 なんと 今朝 

可愛い紫の花が2輪 咲きましたぁぁぁぁ

ほ 本当に 咲いてるぅ~ (>∀<人)━━♪♪

 

こんなことってあるんだ (驚

旦那とただただ驚き & 関心しました

そして同時に私たちの脳裏には同じ思いが浮かびました。

 

「がんこもいつか咲くのかな?」

「諦めずにいたら このアサガオのように きれいな花を咲かせられるのかな?」

「私たちは急ぎ過ぎていたのかもしれない・・・(反省)」

 

がんこが中学受験を発案してから1年が経ち

家庭教師の先生に来てもらってから もうすぐ1年

模試の結果では志望校合格確率 30%未満

この状態で受験日まで あと5ヶ月 しかない

それなのに がんこ 全然勉強しない

毎日テレビ見て アホ面こいて 大笑いしてる

家庭教師の時間と学校の宿題以外 家で勉強したことがない

 

おい、がんこよ 本当に受験したいの?

本当に あの中学に行きたいの?

がんこに聞くと 「ウン 行きたい♪」と そこはブレない

 

じゃぁ なぜ勉強しない?

今のままでは絶対に受からない (だって見込み30%未満だもん)

それを十分理解していながら なぜ勉強しない

 

そうだ、がんこの呼び水になるよう

私が夕食後 英語の勉強を始めてみよう! 名案♪♪

夕食後 これ見よがしに リビングで英語の勉強を始めてみた

英語力低下を阻止できるように シャドーイング

がんこ ママは お仕事して 家事をして それから英語の勉強をするんだよ

本当は夕食後はソファーの上でトドのようにゴロゴロしたいの

でも その欲望を抑え ママは頑張ってるんだよ (めっちゃアピール)

私の必死な姿を見て 

がんこが 「あ 私も勉強しよう」って思ってくれると信じて・・・

 

現実は厳しい

がんこ 「へぇ、ママ勉強するんだ 頑張ってね♥」と言い残し

自分の部屋へいそいそと移動

へ? 私の頑張る姿は 呼び水になっていないのか?

あ、もしかしたら 部屋で勉強してるかも♪

 

大きな期待を胸に そーっと そーっと お部屋を覗いたら

がんこ 楽しそうに 塗り絵してた 彡彡彡(TдT)彡彡彡ヒュルルル...

 

_| ̄|○ ガクッ

そんな甘い期待をがんこに抱いてはいけないことぐらいわかっていたじゃないか 私

なーぜーじゃー 

なぜ勉強しない? なぜ頑張らない?

あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”----- ムカつく 

わざと 私をイライラさせようとしているとしか思えない

だめだ がんこ の顔を見るとイラつく

何もしない がんこ に腹が立つ!!

ストレスでハゲそう (涙

 

夏休み 夏期講習の代わりに 家庭教師の先生に週4回来てもらい

7月・8月の超高額な授業料に 目が飛び出たけど、

---プラダのバックがいくつ買えたかな・・・

それでも がんこの成績が上がれば と思い 潔くお支払い。

で、どうなの?

その結果どうなの?

がんこ 全然学習習慣が身に付いてないです

がんこ 全然成績が上がってないです

がんこ 全然生活態度が改善されてないです

がんこ 全然危機感ないです

がんこ 全然頑張らないです

 

ここで問題、私はいったい 何を得るために高額な支払いをしたのでしょう?

 

ストレスがMAX

笑えない、普通に接することができない、

困ったから 旦那に ぶつけてみた

この1年 手を変え品を変え がんこのお受験のため、がんこのお勉強のため

色々なことを犠牲にしながらも 親としてできることは全部やってきた

なのに、なのに、

私たちの思いが がんこに届かない

苦しいよ~、悲しいよ~ 出口が見えないよ~

こんな思いをしてまで 中学受験をする価値があるのか?

本人が勉強しないなら 公立でもいいのでは?

色々な思いがぐちゃぐちゃしてきちゃって

旦那と相談して 受験は1校のみ、落ちたら 公立に行く とう方針を決めた

今のがんこの実力で入れるレベルなら 高額な授業料を払って私立に行く価値はない

公立で十分と判断しました。

 

やる気ゼロの がんこ に 今回の模試の結果が来たら

私たちから最後の脅迫状を渡す予定だったのです。

それを決めた翌日 家庭教師の先生が 授業終わりに珍しく私と2人で面談

先生は この1年でがんこがどれくらい できるようになったのか

科目ごとに項目をリストアップして 表にして見せてくれました。

「本人はどの教科も苦手意識があるんですが、

算数だって得意な分野の方が多いんです。

がんこちゃん 本当に頭が良いんですよ、

でもそれが形となって現れなくって・・・ 

見えないから本人も自分の学力に自信がないようで

実はそれが一番の問題なんです。

だから これから1か月間 とにかく がんこちゃんを褒めてあげてください

お母さんから褒めれられると すごく自信になると思うんです。

自信がつけば 自分から勉強してくれるようになると思うんです。

実験だと思って やってみてください」

 

なるほど。

脅迫状を渡す前でよかった。

先生がそう言うなら、

1か月褒めたら がんこが自主的に勉強するようになるのなら

やってみようじゃないですか!

勉強をしないから褒めるところが ないんだけど、

それでも やってみましょう。

小さな事を探して 褒めようじゃないですか。

褒め続けたら がんこも きれいな花を咲かせるの?

がんこは 人よりも 遅いだけなの?

うちのアサガオのように 忘れたころに つぼみをつけて 

可愛い花を咲かすの?

それを信じて がんこを信じて お水をあげつづけてみます。

キセキを信じて

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーチ&ストーム

久しぶりに 姪っ子のピーチと甥っ子のストームと会ってきたぁ(^o^)丿

お正月以来なぁ

子供たちが小さい時は おねぇとの関係がここまで悪化していなかったし、

子供たちが可愛くって可愛くって よく遊んだ。

 

そんな子供たちも もう大学生

大きくなったなぁ・・・ 人の子の成長は早い!

ピーチは大学4年生で この前 内定を頂いたそうな。

めでたい!

おねぇとは絶縁状態 

でも子供達との関係は別物。

さっそくピーチのお祝いを とディナーに誘ったら

ディナーの前に がんこと遊んでくれるって

なんて優しいんだ(涙

がんこ 小躍り確定だなw

 

がんこちゃん いとこのピーチが大好き♪

可愛くって、頭の良いピーチは がんこの憧れ アイドルそのもの

確かに 私から見ても ピーチは可愛い 

(叔母の色眼鏡越しに見ると有村架純ちゃんに少し似てる、少しよ・・)

 

私が仕事に行っている間、

2人はサンシャイン方面に遊びに行ったらしい・・・

どこで何をしたの? と

話を聞いても的を得ない2人 結局何をしたのか不明(汗

10歳年の差のいとこ同士 なぜか年の差を感じず

2人ともかなり楽しかった様子

 

仕事終わりに 2人と合流

ピーチのリクエストで ディナーは弟 ストームのバイト先

そういえば ストームが働いている姿は初めて見るなぁ・・

ちゃんと やれているんだろうか? 

そんな心配はよそに ストームが笑顔で迎えてくれた

なんだか嬉しくなってきた♥

 

この日は ストーム バイト始めて以来の 暇な日 だったらしく

お店は貸切状態

おかげで ストームと色々とお話しもできて よかった

楽しそうに働いている姿をみて安心

頑張ってるね

 

トームが 「おれ、おでんくん」に似てるって言われるんだけど…

って、似てるぅぅううううぅ(爆笑

お腹が痛くなるほど笑っちゃった

おでんくん似のストーム がんこのメガネ越しに見ると

ジャニーズ系よりも かっこいい!

らしい・・ 

メガネの度が合ってないのかなぁ 

今度視力検査に連れて行かねばwwww

 

久しぶりに 大好きな いとこ達に会えて

がんこちゃん 鼻の下が ベローン となっていました

私も 楽しかった♪

子供達よ、1つだけ言わせて・・・

月曜日から遊ぶのは もう辛いのよ~(T_T)

次回は週末にしようね

 

 

 

 

ウソ(@_@;)

がんこちゃん、夏休みなう。

 

夏休み中ですが、昨日 担任の先生と個人面談がありました。

前夜にがんこが 「明日先生と何を話すの? 何分話すの?」

と、少し慌てた様子。

少し不信に思いながらも 

「外面よしこ」のがんこちゃん 家ではダラダラ ぐずぐず怪獣なのに

学校に行くと別人のようにふるまい、

いつも先生から「良い子」の称号を頂いてきました

だから今回も同じような事を言われるのだろうと思っていた・・・・・・

が、おばぁ。甘かった_| ̄|○ ガクッ

 

先生から「がんこちゃん 宿題を提出していないんですが・・ 

たまった宿題をやるために居残りもさせたんですが、やらないんです」

とのお話。

へ? どういうこと? 「良い子」の称号は?

予想外の先生の言葉におばぁの脳みそ 理解不能に・・・

理解するために 声に出してみた

「宿題を提出してないんですか?」

その瞬間 おばぁ 理解できた!

ぬぅわぁぁぁぁぁぁにぃぃぃ 怒怒怒怒

おばぁの中で怒りの嵐 ゴーゴーと爆音が響き渡る

がんこよ どういうことじゃ?

毎日 おばぁの「宿題終わった?」の問いに

「終わってるよ~」と軽やかに それも笑顔で 答えていたではないか

あれ全部 ウソ だったの? (@_@;)

 

悲しくなってきた・・・ 

息を吐くようにウソをつける がんこに 悲しみがあふれてくる

 

すぐにおじぃに告げ口

おじぃも おばぁと 同じ反応

 

夜 緊急家族会議 開催

ずっとうつむいて 時が過ぎるのを待っている がんこに

おじぃ 物申す! ←珍しい

がんこの責任・義務・権利について熱く語った

でも 言葉が難しすぎて たぶん半分くらいスルーされた感じ

 

バレないウソはない

やらなくてよい宿題はない

つけはなからず払わなくてはならない

ズルして得することは何もない

がんこよ 努力を惜しむな!

 

おじぃ 良いこと言った!

おじぃ 頑張った!

 

やっていない 1学期の宿題を夏休み中に終わらせ

9月1日に担任の先生に提出 & ごめんなさい すること

で 落ち着いた。

 

がんこよ 

ウソをつくたびに 胸がチクリとしない?

ウソがばれないか ヒヤヒヤ ドキドキ しない?

罪の意識に押しつぶされない?

ウソをつくと苦しいことが多くなると思わない?

 

ままちゃんは 誠実にあなたを育てている

真っ直ぐに、実直に、

ウソはつかない

間違ったときは 「ごめんなさい」と言う

がんこに対しても 正しくあるために

 

がんこよ 自分がどんな人間になりたいか

考えながら成長してほしい

因果応報

やってきたことは必ず帰ってくる

良いことも 悪いことも

だから 毎日 自分の立ち位置を確認しながら

ぶれないように

地面を踏みしめて

1歩 1歩 進んで欲しい

がんばれ ナマケモノ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首都模試 2回目

がんこちゃん 首都模試2回目を受けました。

前回の人生初めての模試とは違い 

2回目ともなると勝手がわかり、落ち着いた気持ちで取り組め

回答率も上がったらしく

試験終了後のがんこちゃん 妙に自信満々 

「理科がね一番できたの~、きっと偏差値もぐーんって上がっちゃうよ」

相変わらずのポジティブさ(^_^;)

ほとんど勉強していない理科が一番できたって・・・ある訳ないじゃん

そんなに期待して大丈夫?

 

1週間後 がんこが待ちに待っていた模試の結果が来ました

「きゃー、ドキドキするぅ」

とテンション上げ上げで おーぷん

その瞬間 ガンコの姿が消えた

え、え、どこに行ったの? さっきまでのノリノリ星人はどこ?

部屋を探すと 隅の方に小さく丸まっているがんこちゃんを発見

「どうしたの? 結果はどうだったの?」恐る恐る聞いてみた

返事がない・・・

「チーン」大きな音が がんこちゃんの体全体から鳴り響いてる

ああぁぁぁぁ がんこちゃーん、 だから言ったじゃない

 

がんこの手ごたえとは裏腹に理科が壊滅的

4教科で一番点数が低い。

全体の偏差値では3上がったけど、

目標値までは全然届かなかった

第一志望校の合格率 30%未満

数字は無情にも現実をがんこに突きつける

そうです これが 現実よ がんこちゃん

周りのみんなも毎日必死にお勉強しているんですもの

週2回 先生と一緒の時しか勉強をしないがんこちゃんが

そんな子たちに 立ち向かえるわけがないじゃない・・

これで 少しは危機感を感じて自主的にお勉強してくれるかな

 

なーんて 儚いおばぁの期待は即座に打ち破られ

褒め上手な先生に前回より上がっている、確実に成長している

2科目だけで見ればもうすぐ目標値だよ 等々

たくさん慰めてもらい

がんこちゃん ふっかーつ! 

早っ 早いよ がんこちゃん

 

おばぁは勉強不足を反省してほしかったけど

先生曰く「人間は反省しても 同じことを繰り返してしまうので 反省する意味はありません、それよりも 前に進むことの方が大切です」

それも一理ありますが なまけもののがんこは 

反省する気も これから前に進む気も どっちもないんですよ~(大声

次回の模試は9月 

実感と実績がマッチするように

あと2か月 がんばれ がんこ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんこが天才?

お勉強したくない、でも私立中学へ行きたい 

そんなわがままな がんこちゃんのために、

週2回 家庭教師の先生にお勉強を教えて頂いています。

 

あんなに算数が大嫌い&苦手だったのに、先生と勉強すると

「あはは」「きゃっきゃっ」という声が聞こえてくる不思議な現象が起こります。

先生とのお勉強中 旦那と私は邪魔にならないよう別室で息をひそめておりますので

二人がどんな勉強をしているのか、全く分かりません。

でも、がんこが楽しんでいる事はビシビシ伝わってきます。

 

授業の終わりに先生は、今日のお勉強内容を説明してくれた後、

ほとんど毎回 がんこちゃんを褒めてくれます。

親の私がひいき目で見ても決して出来の良い子ではない がんこを

毎回本当に良くそんなに褒めることが見つけられるなぁと関心します。

褒められるのが大好きながんごは 先生に褒められる度に 有頂天♪

褒め上手な先生に 上手く乗せられています (*^_^*)

 

前回の授業後に、

先生から ちょっと難しいですが大塚の算数のテキストを使いたい との依頼があり、

早速購入しました。

中学受験ではおなじみの「予習シリーズ」です。

書店では扱いがなく、仕方なくネット購入 (送料込で2800円位 高っ!)

がんこちゃん、初めての予習シリーズだったのですが

授業後先生から、

「予習シリーズは今までよりも少し難しいのですが、

とても楽しんでやってくれましたし、理解も早いです。

初めて見る問題なのに、自分なりに答えを導き出し、

それが今まで見たこともない方法だったんです。素晴らしい着眼点、ずば抜けた発想力

がんこちゃん ものすごく頭が良いと思います」とのお言葉。

 

「えっ 先生 今 なんて?」 おばぁ耳まで遠くなったか?

がんこちゃんが 頭が良い? 

予想もしていなかったコメントに 母 唖然。

横で聞いていた がんこは 真に受けて 満面の笑顔 (うひょひょーい と小躍り)

え~ がんこちゃん、社交辞令よ

だって先生は褒め上手じゃない (汗

「先生は褒め上手ですねぇ」と おばぁ必死にブロック

先生は 真面目な顔をして

「いやいや、今日は本当に関心させられました」と うなっていました。

先生マジで言ってんですか? (@_@;)

 

何があったのか 私には分かりませんが

がんこの自由な発想力・思考力がとても優れているらしく

その型にはまらないスタイルが天才的だと言うのです・・・

 

うちのがんこが天才?

 

笑っちゃうぅ~ヽ(^。^)ノ

だって、がんこちゃんよ

お勉強大嫌いながんこちゃんが頭が良いの?

 

「でもね、先生、 学校の成績も上がりませんし、

テストだって100点なんて稀なんですよ~」と 告げ口をするかのように

おばぁが現実を先生に教える。

「う~ん、なんで間違えちゃうのかは 僕も分からないのですが、

でも がんこちゃんは とても頭が良いと思います」

 

先生も引き下がらない (なぜじゃ~)

「ぜひ、そこを伸ばしてあげてください!!」

って、先生、どこをどのように伸ばしてあげたらいいんですかぁぁぁ・・・

おばぁには見えない何かが先生には見えているらしい

伸ばしてあげたいけど、何を伸ばしてあげたらよいのか 分かりませ~ん 

あぁ、無能な母を許せ がんこよ (涙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨だから?

なんだか心が もやもや するぅ~

なんでだろう?

なんだろう?

この もやもや はどこからくるんだろう・・・

梅雨だから?

全身 太陽電池で動いているおばぁにとって梅雨は苦手な季節

太陽が恋しいぃぃぃぃ

でも、この もやもや はなんか違う気がする

 

家族3人 元気で 毎日楽しい♪

仕事も収入も安定してる

でも、何かが足りない気がする・・

それはなんだろう

幸せだと思っているのに

この満たされてない感はどこからやってくるの?

 

ブランドの洋服やバックを買ったら満たされる?

高級レストランでお食事をしたら満たされる?

海外旅行に行ったら満たされる?

 

トンネルに舞い込んでしまったよう。

自分が何をしたいのか

何をしたら充実感を味わえるのか

どこに向かって歩いていけばいいのか

分からない・・・